トップ 全国ゴルフ場探索ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
GDO1740コース予約

全国ゴルフ場探索ナビゴルフクラブについて > ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの選び方の画像

ゴルフクラブの中でも飛距離がもっともほしいドライバーですが、国内外で大型ヘッドが主流に成りつつあるのです。
今年は複合ヘッドもバリエーションが増え、ユーザーには嬉しい限りなのです。
ゴルフクラブの選び方という点で、ウッドとアイアンの最も大きな違いは、飛ばす事に重点を置いたウッドとコントロール性に重点を置いたアイアンと言えるのです。
シャフトの性能の中でもキックポイントは、特に重要と言われているのです。
シャフトの最もしなりの大きい部分、つまりシャフトを振った時のしなりの頂点をキックポイントと言うのです。
魚釣りの釣竿を連想すると分かりやすいかもしれないと思います。

シャフトの感触に大きく影響を及ぼすのです。
競技ゴルフに参加されるのであれば2008年適合モデルを手に入れておきたいところだと思うのです。
2007年まで使えるモデルも発売されていますので購入時にはしっかり確認しておくようにしましょう。
アイアンはメタル素材のヘッドで、最近では軟鉄製複合構造やチタンとの複合構造など進化しているのです。
クラブ自体の長さはウッドと比較して短くヘッドが三角錐を板状に薄くしたような形状に作られているのが特徴となっているのです。

現在のクラブと比較する時などに重要になってくるのです。
例えばヘッドスピードの遅い人は硬度・フレックスS以上の硬いシャフトは避けた方が良いと言われているのです。
試打や、現在のクラブが硬度・フレックスがSで飛ばないという場合などSRにしてみると飛距離が伸びるなどといったこともあるのです。
ゴルフショップに行けば、形状が異なるが所狭しと並んでいるのです。

1本のクラブでプレーするよりも、形状、機能が異なったクラブをたくさん使った方が快適にプレーしやすく、いいスコアを出しやすいからなのです。
1番アイアンや2番アイアンは長く重いアイアンの為、プロでもほとんど使われていないようですし、ゴルフクラブのカタログにもあまり載っていないのです。
さらに最近では3番アイアンと4番アイアンもアマチュア向けのゴルフクラブのセットでは除外されているのです。
クラブは大別するとウッドとアイアン、そしてパターに分類できるのです。

全国ゴルフ場探索ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ゴルフのスタンス

ゴルフで言うスタンスとは辞書では球を打つときの両足の位置・構えとあるのです。 ゴルフのスタンスは、目標方向へボールを運ぶためにとても重要なものとなるのです。 どんなに上手にボールを打ったとしてもスタンスの向きが違っていては目標をとらえることはできないのです。 体のラインが目標方向と平行になるよう練習をするようにしましょう。 冒頭でゴルフスイングの大きさはスタンスが決めると言うのです。 これはスタンスの幅のことを言っているわけではないのです。 ゴルフのスタンスもグリップと同じ

全国ゴルフ場探索ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。