トップ 全国ゴルフ場探索ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
GDOポータル

全国ゴルフ場探索ナビゴルフクラブについて > グリップの握り方

グリップの握り方

グリップの握り方の画像

左手のグリップは、人差し指の第2関節から手の平の中央にかけて、斜めになるようにして握るのです。
グリップの握り方は大きく分けて、スクエアグリップ、ストロンググリップ、ウィークグリップの3種類があるのです。
それぞれのグリップの違いは左手の握り方によって変わるのですが、初心者はまず一番ベーシックなスクエアグリップを試してみるのが良いと思います。
野球のバットを握るように真横に握ると、力は入れやすいですが方向性は安定しないのです。
手の平全体でグリップを包むようにして、親指と人差し指の間は締めるようにしましょう。
グリップは左手、右手の順番で握るのです。

手の大きい人や力のある人はわざわざフィンガーグリップにすることはないのです。
本来、左手はパームグリップで握るのが基準なのです。
パームグリップで握った方が手のひらの中の隙間が少なくなってクラブとの一体感が生まれるようです。
小指、薬指、中指の順にクラブを握り、親指をグリップの中心よりもやや右側に乗せるのです。
この時、中指、薬指、小指の3本でクラブをしっかり握り、親指と人差し指にはあまり力を入れないように注意するようにしましょう。

手の甲の向きは自然な形が望ましいと思います。
グリップをして手の甲が下向きすぎると、右手が被りすぎて左肩が開いたり、捻転もスムースにできないのです。
右手はクラブの横から添えるようにし、小指を左手の人差し指と中指の間に乗せるのです。
右手の中指と薬指をグリップに巻きつけ、左手同様に、親指と人差し指はあまり強く握らないようにしてください。
右手の親指は、グリップの中央からやや左に置くのです。
逆に手の甲が上向きすぎると、インパクトでフェースが被り、フックボールが出やすくなるのです。

また、手首が伸びたり曲がったりしやすく、フェースの角度も安定しないのです。
左手の甲は少し上を向けて、人差し指の関節がしっかり見えるようにしてください。
左右の手ともに親指と人差し指の付け根を締めるとY字ができるのです。
左手のY字がアゴと右肩の中間、右手のY字がアゴの少し右を指すように握るのがスクエア・グリップなのです。
手の大きさにもよりますが、アドレスした状態で左手は人差し指と中指の2つのナックルが見えるのが基準になっているのです。

全国ゴルフ場探索ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ゴルフのスイング

ゴルフスイングの正しいフォームを身につけるためにはどうしてもスイング練習を繰り返すことになるようですので、結果的には全身に何度もひねりの運動を加え続けることになるのです。 かごにボールが入っている練習場があるようですが、このかごを利用したトレーニングもかなり有効的ですので、ぜひ試してみるようにしましょう。 まずはいずれかの足をかごに乗せるようにしましょう。 その片足を乗せた状態でゴルフのスイングを練習するようです。 そうした理由で、思った以上に筋肉を酷使することとなり、疲労

全国ゴルフ場探索ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。