トップ 全国ゴルフ場探索ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
GDO1740コース予約

全国ゴルフ場探索ナビゴルフクラブについて > ゴルフのスタンス

ゴルフのスタンス

ゴルフのスタンスの画像

ゴルフで言うスタンスとは辞書では球を打つときの両足の位置・構えとあるのです。
ゴルフのスタンスは、目標方向へボールを運ぶためにとても重要なものとなるのです。
どんなに上手にボールを打ったとしてもスタンスの向きが違っていては目標をとらえることはできないのです。
体のラインが目標方向と平行になるよう練習をするようにしましょう。
冒頭でゴルフスイングの大きさはスタンスが決めると言うのです。
これはスタンスの幅のことを言っているわけではないのです。

ゴルフのスタンスもグリップと同じく大事な基本要素で、グリップやスタンスが定まらないと安定したショットが出来ないのでしっかり練習をするようにしましょう。
私が指摘したかったのは両足の位置。
もっと詳しく言うとつま先の開き方なのです。
最初は肩幅程度に足を開き、右足を仮想線に対して垂直にし、左足を軽く開いてスクウェアスタンスを取ってみましょう。
この時あまりに窮屈であれば、足幅等を微調整してなるべく自然体で構えるのです。
こんな実験をしてみるようにしましょう。
まず、鏡の前で直立してください。
飛球線と平行に立って右足を引いたのがクローズド・スタンスなのです。

このスタンスだと、両足のつま先を結んだ線が、目標の右を向きスクェアな飛球線と交錯することになるのです。
このスタンスでスウィングすると、スウィング軌道がインサイド・アウトになるので、フック・ボールが出やすいようです。
足は肩幅程度に広げておくのです。
あまり足先ばかりをスクエアにする意識が先に立ち、体全体がオープンになったり、クローズする事がないよう全体がスクエアになるように少し意識しなくてはならないのです。
右利きの場合、右足のつま先を開くことでバックスイングを大きくすることが可能になり、左足のつま先を開くとダウンスイングからフォロースルーにかけて左に回転しやすくなるのです。

スクエアに立ったつもりでも肩や膝のラインがオープンになっていればスライスも出やすくなってしまうのです。
最初は重心は中央を意識して、両肩も平行になるようにして練習してみるようにしましょう。
バックスウィングでは回転が悪くなり途中でボディ・ターンが止まったりしやすいので、それもフック・ボールの原因になるのです。

全国ゴルフ場探索ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ スコアの基礎知識

最もスタンダードなコースは、パー 72 で、ショートホールが 4 ホール、ロングホールが 4 ホールで残りの 10 ホールがミドルホールというものなのです。 しかし、ショートホールが多かったり、ロングホールが少なかったりで、パー 71 や 70 というコースも少なくないのです。 スコアーカードには、必ず競技者とマーカーの確認署名をする事なのです。 どちらも欠けますと競技失格となるのです。 ゴルフ上級者になってくると、ある種の距離感が身に付いてくるのです。 ヤーデージだけに頼

全国ゴルフ場探索ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。